二重査定制度ってなに?

みなさんは、「二重査定制度」という言葉を知っていますか?

恐らく、知らない人の方が多いと思いますが、「二重査定制度」とは、後から査定額を変更できる制度のことです。

例えば、ある業者に査定を依頼して、査定額が決定したとします。

本来であれば、そのまま買取してもらって終わりですが、後から故障箇所や大きな傷が見つかるケースもありますよね。

その場合には、一度決定した査定額を変更される可能性があるのです。

しかも、場合によっては、嘘の申告をしたと判断されて、違約金を請求されるケースもあります。

業者にとっては都合の良い制度ですが、ユーザーにとっては非常に不利な制度ですよね。

悪質な業者になると、この「二重査定制度」を巧妙に使って、査定額を大幅に下げることもあります。

「二重査定制度」によるトラブルを防ぐためにも、
契約する前に契約書をしっかりと確認すること、査定時に車の状態を正確に伝えることが大切です。

「二重査定制度」を採用している業者は多いので、悪用されないようにくれぐれも注意してください。トラック王国でトラックや重機の買取、販売を

車の査定額に不満ならどうする?

業者が提示した「査定額」に不満を感じた場合、売らなくてもいいのでしょうか?

結論からいうと、「査定額」に不満があるのであれば、無理に売る必要はありません。

査定を依頼したからといって、絶対に売らないといけないルールはないので、安心してください。

買取業者に査定を依頼しても、必ずしも納得できる「査定額」を提示してくれるとは限りません。

中には、相場よりも低い「査定額」を提示してくることもあります。

せっかく査定をしてもらったのに断るのは失礼だと感じるかもしれませんが、そんなことは気にしなくていいのです。

「査定額」というのは、車を売却するかどうかを決めるための大事な判断基準ですから、
そこに不満を感じるようであれば絶対に売ってはいけません。

もし、売ってしまうと、後悔してしまう可能性が高いです。

その業者が駄目でも、他のところで査定してもらえば高い「査定額」になることもあるので、
諦めずに色々な業者で査定してもらってください。

納得できるまで粘れば、きっと自分がそこそこ納得できる「査定額」を提示する買取業者と出会えるでしょう。中古車売るならおすすめはここ